エクセレントタフコート

キャンペーン情報

キャンペーン実施中! キャンペーン実施中!

超滑水がもたらす次世代の
ガラスコーティング

撥水を凌駕する超滑水性能!
光沢も深みを増したエクセレントタフコート!

エクセレントタフコートは塗装の上に薄いガラス皮膜を形成し、糞害、黄砂、樹液、酸性雨などをシャットアウト。
塗装の劣化を長期間にわたって防ぐ最高級のガラスコーティングです。

従来のウルトラタフコートから改良された大きな点は、膜厚館が増したことと、コーティング後の水弾きが親水性から滑水性へと変わったことです。「3Dネットワーク構造皮膜」と呼ばれるまったく新しいコーティングの構造を開発した結果、高硬度な被膜性能を持ちながら高い追従性のあるしなやかさを両立しました。この新しい構造により、「透明感の高い重厚な膜厚」と撥水被膜を超える水弾きを持つ「超滑水性能」を実現。塗装面はしっとりと濡れたような深みのあるツヤを持つようになり、水滴がついてもすぐさま水玉となって滑り落ちていきます。塗装面にほとんど水滴が残らないほどの超滑水性能のおかげで砂埃などの汚れは水滴とともに流れ落ち、夏場でもウォータースポットが出来にくくなります。

エクセレントタフコートの作業手順

エクセレントタフコートの作業は、すべて手作業で行われます。不純物を一切含まない“純水”を使って手洗い洗車を行った後、特殊な粘土を使って塗装面に付着している鉄粉を除去。数種類のコンパウンドと目の細かさが違うバフを巧みに使い分けながら、塗装面を入念にポリッシュしていきます。このポリッシュ作業により、塗装面についてしまった小傷やウォータースポット、水垢などを除去。鏡面仕上げにしたうえでコーティングを行います。

ポリッシュ作業が終わると、塗装面を入念に脱脂して不純物を取り除いていきます。脱脂が終わると、専用のスポンジにエクセレントタフコートの液剤を含ませ、パネルごとに手作業でコーティングしてきます。コーティングは透明なガラス被膜へと転化。傷や汚れが付きにくく、深みのある光沢持った愛車へと生まれ変わります。

エクセレントタフコートシステムの加工はすべてが手作業。
車の状態を確認し、1台1台の車に合わせた作業工程に
分かれています。
STEP1

ボディチェック

様々な角度からライトを当てていき、塗装の状態やポリッシャーで除去しきれない傷の有無などを確認。メーカーや車種によって塗装の種類や状態が異なるため、塗装の状態に合った薬剤をチョイスしていきます。

   
STEP2

手洗い洗車

高圧スチームを使ってボディに付着した埃を落とした後、大量の泡をボディにかけて傷が付きにくい状態にします。その後、肌触りの良い専用のタオルを使い、ソフトに手洗い洗車をしていきます。

   
STEP3

純水を使用した洗車

不純物を一切取り除いた「純水」を使用して洗車を行います。不純物が無いために乾いても跡が残らず、軽い拭き取りで済みます。そのためにボディへの洗車傷がつきにくいところが特徴です。

   
STEP4

ネンダー処理

手洗い洗車では取り除けない塗装面に突き刺さった鉄粉やピッチなどの不純物を、特殊な粘土を使って入念に除去。ポリッシュに最適な塗装面を作り上げていきます。

   
STEP5

表面磨き(ポリッシュ)

ボディのゴム部分やプラスチック、突起部分にマスキングを行った後、数種類のコンパウンドとパフを使い分けてポリッシャーで塗装面を磨き込みます。中古車は新車同様、新社は新車以上の状態へと鏡面加工します。

   
STEP6

コーティング

専用のスポンジを使用してコーディング剤をパネルごとに塗っていきます。コーディングはすぐに乾き始めるため、塗った後にすぐ濡れタオルで拭き上げていきコーディング面を平らにします

   
STEP7

エクセレントタフコート完成

グロスチェックを使って光沢を数値的に確認。様々な場所から計測し、ムラのないように仕上げていきます。完成すると深みのあるツヤと、水滴がすぐ滑り落ちる超滑水性を持つ塗装面になります。

STEP1

ボディチェック

様々な角度からライトを当てていき、塗装の状態やポリッシャーで除去しきれない傷の有無などを確認。メーカーや車種によって塗装の種類や状態が異なるため、塗装の状態に合った薬剤をチョイスしていきます。

STEP2

手洗い洗車

高圧スチームを使ってボディに付着した埃を落とした後、大量の泡をボディにかけて傷が付きにくい状態にします。その後、肌触りの良い専用のタオルを使い、ソフトに手洗い洗車をしていきます。

STEP3

純水を使用した洗車

不純物を一切取り除いた「純水」を使用して洗車を行います。不純物が無いために乾いても跡が残らず、軽い拭き取りで済みます。そのためにボディへの洗車傷がつきにくいところが特徴です。

STEP4

ネンダー処理

手洗い洗車では取り除けない塗装面に突き刺さった鉄粉やピッチなどの不純物を、特殊な粘土を使って入念に除去。ポリッシュに最適な塗装面を作り上げていきます。

STEP5

表面磨き(ポリッシュ)

ボディのゴム部分やプラスチック、突起部分にマスキングを行った後、数種類のコンパウンドとパフを使い分けてポリッシャーで塗装面を磨き込みます。中古車は新車同様、新社は新車以上の状態へと鏡面加工します。

STEP6

コーティング

専用のスポンジを使用してコーディング剤をパネルごとに塗っていきます。コーディングはすぐに乾き始めるため、塗った後にすぐ濡れタオルで拭き上げていきコーディング面を平らにします

STEP7

エクセレントタフコート完成

グロスチェックを使って光沢を数値的に確認。様々な場所から計測し、ムラのないように仕上げていきます。完成すると深みのあるツヤと、水滴がすぐ滑り落ちる超滑水性を持つ塗装面になります。

最新技術を駆使した超滑水被膜

エクセレントタフコートの超滑水被膜は、
美しさと機能性を両立した新しい形のコーティング被膜です。
車の光沢感を維持するための1つの性能として
水滴に弾き方がポイントとなってきます。
超滑水被膜の水滴は楕円形でレンズ効果が出ない形状をしていますが、
撥水被膜の様に容易に水滴が流れ落ち、
塗装面上に汚れが固着しづらい特徴を持っています。

インパクトのある膜圧感と
濡れたような光沢

硬度と柔軟性を併せ持つ3Dネットワーク構造皮膜だから実現できたインパクトのある膜圧感。
塗装面上に濡れたような深みのある光沢は見る者を魅了することでしょう。
また、この被膜は紫外線領域に吸収を持たないため、被膜の劣化を極限まで抑え、
黄変を防止することで高い透明度を維持して、被膜の光沢が長期間持続します。